ナイト トレイン

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争法、低脳なウソつきの抱くおぞましい野望

<<   作成日時 : 2016/03/31 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年9月19日未明、
集団的自衛権の行使を認める法律が日本列島の津々浦々から湧き上がった圧倒的な反対の声を無視して国会内の『安倍カス「死」ンゾーを首班とする自民党と創価学会・犯罪者グループ』(政府・政権という名の謀略テロ集団)の暴挙によって成立した。(その事実だけは当時の報道がニュースで報じた。ぼくは成立を認めていない)

それから半年後の今日(2016年3月29日)その法律が『安全保障法制(安全保障関連法)』として日本社会に布令施行された。(ぼくは認めない!)

この法律の本質は【日本国家が戦争をすることを許し保障するものであり、戦争を命令するのが国家権力であることを明言し、日本国民が国家の戦時命令に従わなければならないことを強制する支配原則】である。
つまりハッキリと安倍カス自民党・創価学会国家権力による謀略の【戦争推進法、戦争実行法】である。
(しかもその内容は日本国政府が自衛隊を軍隊として外国の交戦中の戦争地域へ武力を行使するために派遣する命令権と国民の服従義務であり、また日本国内外において米軍の戦争を補助補完するための実務を請け負う米軍の戦争の下請け、隷属軍事行動を義務化し、国民全体に負担と犠牲を強いるものである)

現行日本国憲法はその条文で日本が国家として軍隊と武力を保持することを禁止し、国際紛争の解決手段として戦争をすることを否定している。またあらゆる状況下における個人の人間としての権利を蹂躙してはならないことも規定している。

〔1〕『主権在民』 〔2〕『基本的人権の尊重(保障)』 〔3〕『戦争放棄の平和国家(宣誓)』 この3点が現行日本国憲法の最大の特徴であり、世界中のどこの国家であれその国の憲法に違反する政治を行うことはできないのだ。

従ってもちろんこの度の【戦争法】は現行日本国憲法に違反するものであり、法律としての価値も意味も正当性もないものだ。(ぼくは学歴も教養も無い人間だが現行日本国憲法くらいは何度も読んでいる)

また、この案文が法律として成立したとされる昨年9月19日深夜〜未明の国会内議場には他院の議員や国会議員資格を有さない暴力要員としての議員秘書や警備員らも複数混在し、最低最悪の場合でも議案採決の手続きとして踏まなければならない議決(多数決)の過程さえも経ることができていない。
つまり【成立自体無効な案件】であり一言一句たりとも法律として発効する許諾を得られるものではないのであって現実に法律として施行できる代物ではない。

それを国家の法令として施行すること自体が『政治ではなくて犯罪に過ぎない』のである。
つまり、この事態を招聘した安倍カス自民党創価学会・人間のクズ内閣(政権)は政治を司ったのではなくて【犯罪行為を実行した】だけなのであるから一刻も早く此奴等犯罪者全員を逮捕して裁判にかけ罪を問うて有罪の判決を下し獄舎に押し込めて二度と日本列島に於いてこのような謀略を実行できぬよう全員の今後の生涯年月全てを獄舎内で過ごさせる刑に服させるべきである。(日本の刑法には終身刑はないので一旦『死刑』を課した上で処刑せず寿命が尽きるまで労役に服させる方法が実質上の終身刑になるだろう)

低脳で嘘つき常習者の精神病者・安倍カス「死」ンゾーの極めて異常な個人的野望・欲望に引きずられて【日本列島に生まれ、あるいは滞在し、生活する民衆と日本社会】は現在、戦後最悪の危機的状況に立たされている。
日本列島と日本民衆は今日2016年3月29日、好むと好まざるとに拘わらぬ社会環境の変化を強制されて戦争の危機に極度に接近した。

この現実に憤怒を感じず抗議の意志を持たず、怒りを以って立ち上がらない人間をぼくは尊敬しない。

ぼくはこの度の【戦争法】(安全保障関連法)を認めない!

民衆の自由を奪う戦争そのものと戦争を推進する社会の制度化、法制化に反対する!

民衆を戦争の危機へと追い詰める狂人・犯罪者集団、安倍カス自民党創価学会政権を糾弾する!


低脳で嘘つき常習犯の精神病者・安倍カス「死」ンゾーは自らの幼稚な欲望の満足を得たいためだけに国家権力を私物化し野望を遂げようと躍起になっている。

この低脳でウソつきの安倍カス「死」ンゾーが抱く幼稚な欲望とは自らが国家の独裁権力者として社会と人民を支配し、命令によって国家システムと人民を意のままに動かし、戦争政策によってその独裁権力の認知される範囲を拡大したいという無意味でオゾマシイ刹那的享楽の追及に過ぎない。(根本的に自分さえよければ他者も世界も歴史も人類と地球の未来もどうなってもいいという無責任で破廉恥、愚劣で遊興的で空疎な存在に過ぎない)

人間の存在の根源に至る哲学を持たず思索もできない低脳で嘘つき常習犯の精神病者・安倍カス「死」ンゾーはそれでもたぶん自らの存在と言動の違法性は知っているのだ。
そのためにいつでも自分の低劣で幼稚な欲望による政治システムの私物化と民衆への犠牲の強制が、当然のこと民衆の怒りを買い、責任を追及する声と力になっている真実を承知しているし本当は恐れているに違いない。

それで奴は国民大衆の怒りの矛先を逸らせるために絶えず嘘をついて暮らしてきた。ウソの上にウソを塗り重ねてきた。
民心を不安に陥れ事実を誤認させ、日本国内外の社会と歴史の事実、真実への注意力と判断力を失わせて怒りの矛先を捻じ曲げるプロパガンダに明け暮れてきた。
米国の軍需産業に膨大な権益を献上する兵器購入のために(国際情勢に照らせば)全く必要ない日本の軍備を拡張し軍事費を増大する必要から、近隣諸国の中国、朝鮮、ロシアなどが直ぐにでも日本列島を侵略してくる、或いはミサイル攻撃やテロ攻撃を準備していると騒ぎ立て喚き続けている。

安倍カス本人が低脳で自民創価学会一味(政治家や政権)は無能で世界政治に最も必要不可欠な【外交能力】が全く欠如しているので民衆の判断力を失わせる目的で『近隣諸国を敵だと宣伝して自分たちの自国内における権力維持・拡大を画策する』しか能が無いのだ。

しかしそのいたずらな『隣接国敵視宣伝工作』が第二次世界大戦における長期に亘る(世界規模での)社会資本の消耗と多大な人命の犠牲を生んだ【歴史によって証明された愚劣な戦争政策】だと分からず「中国怖い、憎い、韓国朝鮮嫌い、憎い」という「発信元・安倍カス政権」のネトウヨ・プロパガンダに乗せられている庶民もまさに愚民であることは(残念ながら)事実のようだ。

そもそも有能な外交というのは自国と他国の間に敵対関係を発生させて軍事的優位を競うことなどではなくて、いかにして近隣諸国が戦争をせずに多国間にまたがる問題を解決できるかを模索、実践する方法の創造構築と力量を言うのだ。

今や日本列島では怖ろしく頭が悪い気が触れた内閣首相一人の我儘気儘に対して民衆以外の誰も意見を主張することさえできないなんとも情けない政治権力が成立し、その幼稚で低脳な独裁者気取りの無意味な男の恥ずべき横暴愚行が日常化している。

本来そうした政治権力の暴走にブレーキをかけ、民衆の怒りや抗議の声と行動に光を当てて報道し、社会の理不尽不合理を糾弾する役割を担うべきメディアの在り様も今や本当に情けない体たらくを呈している。
放送局、新聞社、出版社の経営サイドの人間どもはあろうことかそのメディアとしての矜持と表現する者としての主体性を全て投げ捨てて低脳極まる安倍カス首相の(国民の税金を私腹する)遊興の席に連なり侍ることに喜びを感じるまでに人間として堕落してしまっている。
具体的に言えば、マスメデイァの経営サイドの者どもは安倍カスから招待を受け、いわゆる高級料亭やゴルフ場などで食事や競技に同席する接待を受けていて、土産も持たされて帰るのだという。そんな犯罪者の宣伝広報班と成り果てた腐れマスメディアの輩にまともな政治状況の客観的分析や権力批判など出来るわけがない。(餌を貰って飼い主に尾を振るのは犬だが、この人間どもは犬以下の人間のクズだ!)

ぼくたちは覚えておこう。マスメディアの経営権者どもも安倍カスと全く同じ穴のムジナであることを。時が来たならばこ奴らももちろん犯罪者として裁き刑罰に服させてやろう!

今やぼくら庶民大衆は自分の声で怒りを叫ぶしかない。自分の行動で抗議を表すしかない。自分の表現で民衆同志で思いを伝え合うしかない。
ぼくら民衆の自由を阻害する権力の横暴に対して怒りと抗議の声と力を発揮し続ける。その意志を捨てなければ方法はきっと見つかる!

拳をあげられる者は拳を振り上げ、声の出せる者は声をあげ、歌える者は歌い、歩ける者はデモして歩き、音の出せる者は音を出し、字の書ける者は字を書き、絵を画ける者は絵を画き、写真が撮れる者は写真を写し、石を投げられる者は石を投げ、そうした行為が何も出来ない者でも権力の暴虐に怒りを抱いて権力者とその諂い者(へつらいもの)どもを見据えることはできる!
決して屈折れないこと!めげても再び立ち上がること!民衆の一人である誇りを胸にして生き抜くこと!

ぼくたち民衆の敵は低脳で嘘つき常習犯の精神病者なのだ。
政治権力の独占は既に確立してしまっている。奴は更に政治の独裁を画策し本気で日本社会と民衆を戦争資本の金儲けの道具にしようとしている。
今直ぐ奴を倒さない限り、日本列島は必ずやまた戦争の恐怖と混乱に落し籠められることになるだろう。
時代はもうおそらくそこまで行ってしまうだろう。
しかしぼくは諦めない。

今日の記事の最後にもう一度重ねて記しておきたい。

今日、2016年3月29日『安全保障法制(安全保障関連法)』と言う名の【戦争推進法】が日本社会に布令施行された。(国家権力の宣伝広報機関と成り下がったマスメディアがそう伝えている)

だが、ぼくは日本列島に生まれ育った民衆の一人としてこの【戦争法】(安全保障関連法)を認めない!

民衆の自由を奪う戦争そのものと戦争を推進する社会の制度化、法制化に反対する!

民衆を戦争の危機へと追い詰める狂人・犯罪者集団、安倍カス自民党創価学会政権を糾弾する!

----------------------------------------------------------------------------------------

  ( 2016年3月29〜30日記、31日公開、N・T )





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争法、低脳なウソつきの抱くおぞましい野望 ナイト トレイン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる